要らないものを片付けたい

要らないものが溜まると、生活に支障が出る場合がありますので、こまめに処分する必要があります。不用品を処分する方法として一般的なのが自治体に回収してもらうか、不用品回収業者へ依頼するかのどちらかでしょう。これらの特徴をまとめましたので、自身に適した方法がどれなのか参考にしてください。

自治体と不用品回収業者の違い

自治体

事前に回収の依頼の連絡をして、回収日に指定した場所へ不要品を置くことで回収してくれます。なお回収してほしいものにゴミ処理券を貼る必要があります。粗大ゴミを回収してほしい場合に利用するのが一般的です。

不用品回収業者

電話一本で対応してくれます。また土日祝祭日も営業していますので、好きな時に依頼できます。また業者によっては買取もしてくれるところもあるので便利です。

不用品回収業者へ依頼するのがオススメ

不用品回収業者は料金が高くなりがちなのが難点ですが、その難点を補って有り余るメリットがたくさんあります。どのようなメリットがあるのかピックアップしてみました。

不用品回収業者へ依頼することによる利点

no.1

都合が良いときに依頼可能

一番のメリットは時間の融通がきくところです。自治体の場合は回収日が決まっていますので、その回収日に置き忘れてしまうと次の回収日まで待たないといけません。不用品回収業者へ依頼すれば、依頼者のスケジュールに合わせて回収してくれます。

no.2

手間が省ける

1位に次いでのメリットは、自分で運ぶ必要が無くなることです。不用品のなかには冷蔵庫や洗濯機など、持ち運びが大変なものがあります。不用品回収業者へ依頼すれば、経験が豊富なスタッフがテキパキと作業してくれますので、数時間で完了できることも珍しくありません。

no.3

家電やパソコンも引き取ってもらえる

テレビや冷蔵庫などの家電やパソコンは自治体では回収を行っておりません。不用品回収業者であればこれらの不用品も全て回収してくれます。

[PR]
京都のリサイクル屋さんはこちら!
高値で売れちゃいます。

不用品回収でトラブルに遭わない秘訣は業者の選定にアリ

財布を持つ人

許可をもらっているか

不用品回収業者として営業するためには「産業廃棄物収集運搬業」や「一般廃棄物収集運搬業」などの許可を得ている必要があります。また買取をしている場合は「古物商」の許可が必要です。これらの許可をもらっているかどうかホームページをチェックしましょう。会社概要のページやホームページの一番下などに掲載されている場合が多いです。

電話での対応を確認

電話をかけてみて、どのような対応をするのかチェックしましょう。ここであまり印象が良くない態度をとられたら、万が一トラブルに遭った場合に面倒になる可能性が高いので、このような業者は避けましょう。丁寧な対応をとってくれたら信頼できる業者であると言えます。

住所をチェック

悪徳な業者は事務所を持っていない場合が多いです。そのためホームページに住所が記載されているか確認しましょう。記載されていましたら、インターネットや場所検索のアプリなどを利用してその住所を調べて本当に事務所があるのか確認してください。東京周辺の業者はきちんと事務所が存在しているところが多いので安心してよいでしょう。

[PR]
粗大ゴミは大阪の業者に頼もう
自宅まで引取に来てくれる

不用品回収業者へ依頼した方の喜びの声

丁寧な対応でした

大阪の業者へ依頼したのですが、メールで問い合わせしたときに思ったより返答が早かったのに驚きでした。また作業当日もテキパキと作業を進めてくれたので安心できる業者であると思いました。本当にありがとうございます。

臨機応変に対応してくれました

依頼したときに不用品の品目と数量を伝えていたのですが、連絡後に新たに不用品が増えてしまい、これも回収してくれるか不安でした。作業当日に嫌な顔ひとつせずに追加の不用品を回収してくれたので感謝しています。

引き取ってもらえて安心しました

自宅にグランドピアノを置いてあったのですが、古くなって使い物にならなくなったので、処分に困っていました。知人からの紹介で不用品回収業者へ依頼したところ快く対応してくださり助かりました。また機会があったら利用しようと思います。

[PR]
家具の買取は神戸の専門家へ依頼♪
譲れないこだわりがあるならココ!

広告募集中